潮騒と蓑掛は、すでにその名がよく知られる大瀬ビラに続いて、Hamabe Ventures がお届けする心躍るような新しいプロジェクトです。ハマベチームが革新性と伝統的な和のデザインおよび建築を融合させた、大瀬のコンセプトを踏まえながら、新たな 2 つの敷地ではもう一歩踏み込みました。どちらも Hamabe Ventures の特徴的なスタイルはそのままに、自然環境と壮大な眺めを存分に味わっていただけるよう、非常にパーソナライズされた空間をご提供します。

潮騒(英語では“The Sound of Waves”)は、著名な作家、俳優であり映画監督でもある、三島由紀夫による 1954 年の小説にちなんで名付けました。この小説は、海辺の小さな町を舞台に若い漁師である新治と、この小さな町の最有力者の娘である美しい初江が恋に落ちるラヴストーリーです。三島は伊豆で多くの時を過ごしました。その多様な作品を生み出すための素晴らしいインスピレーションを、この地で得たことは疑いもありません。実際に当貸別荘が建つこの土地は、三島家が所有していたこともあります。水辺からわずか 30m 以内に位置し、波の音を近くに聞きながらそれぞれのインスピレーションを見出していただける環境に、この名がもっとも相応しいことは明らかです。

潮騒のデザインとレイアウトは、“和”を取り入れたシンプルかつ清潔で現代的なデザインという、当社の中核となる指針に根ざしています。このため、美しい自然環境を見つめながら静かな内省の時間をお楽しみいただけます。革新的でありながら機能的なデザインにより、屋根から家屋内に入れるようになっています。家屋内に入ると、足元には美しい構図で海をご覧いただけます。潮騒には、2 つのベッドルームと広々としたバスルームが用意されており、バスタブに浸かりながら壮大な海をご覧いただくこともできます。バスルームと無限に広がるとも思えるような屋外プールからの絶景を、どちらもお選びいただける贅沢さをぜひ味わってください(屋外プールは冬季には温水になります)。シュノーケリングや浅瀬を歩いた後のくつろぎの時間に最適な場所となります。浅瀬には家屋の階段から容易に下りることが可能です。プールは下の階にあり、こちらにも広々としたリビングルームが用意されています。

家に入ると同時に、
あなたの足元に美しい海が広がります。