Ose(大瀬)は実にユニークな隠れ家です。
まずは、息を飲むような絶景をご堪能いただける、完璧なロケーションをご紹介します。

人里離れた国立公園の岬の頂上に位置する、希少価値の高い広大な敷地で楽しんでいただけるのは、海の壮大さだけではありません。Hamabe Venturesは、この美しい自然の完璧なロケーションにある日本元来の古い”宿”(英語では”B&B”とも言えます)を手に入れ、家屋の個性が保たれるよう注意を払いながら、クリエイティブで現代的なデザインがもたらされるよう慎重にリノベーションを行いました。

既存の構造による制限があったにもかかわらず、当貸別荘の敷地で実現しようとしたキーコンセプトを取り入れることに成功しました。ここで鍵となるのは、日本の伝統的建築のシンプルでミニマムな側面を保つだけではなく、強調しながら、現代的な快適さとスタイルを実現することです。そのために伝統的な和の素材である、畳、檜、枯山水の石、そして和紙すらも取り入れ、その一部では、こうした伝統的な素材に現代的でクリエイティブな趣向を凝らしました。畳敷きのバーとガラスで囲まれたカウンターを是非ご自分の目で確かめてください。

解放感のあるリビングルームの殆どを占める大きな窓を開ければ、広大に広がる海の景色、波の音、潮の香りを感じ取ることが出来、それを同じようにダイニングにある畳の上で寛げるバーからでも楽しむことが出来ます。
2階は広々と使える最新の電化製品を備えたキッチンと書斎、映画やDVDを楽しめる娯楽のためのスペースとなっています。

ここOseは何よりも他にないのが、芝生の中に無限大に広がるように存在するプールです。
河津桜の木と庭石が芝の緑とみずみずしさをより強調する美しい庭は、部屋の中とは違った、また別の癒しの空間です。





1階には和素材をテーマに3種類のベッドルームがあります。

すべてのお部屋からは緑溢れる庭に出ることが出来る造りになっています。

石:「現代的な和」。開放的な庭に続く、伊豆をイメージした石畳のリビングスペースをそのままバスルームに引き込んでいます。石で覆われた広々としたバスルームには鏡が効果的に配されており、ロマンチックな雰囲気を醸し出しています。

木:「伝統的な和」。石と異なるこのスタイルは、畳や和紙をふんだんに使用したより日本の伝統的寝室に近いお部屋ですが、浜辺を象徴する鮮やかな青を布の色に利用したオリジナルのソファーとテーブルをアクセントとして効果的に使用し、個性あふれる部屋に仕上げました、温かみをテーマとした木材で覆われたバスルームでは、庭を眺めながら檜の香りを楽しむことができます。

漆:日本人特有の完成で光の光沢を唯一表現できる素材である漆を並列に並べて際立たせ、日本の伝統的な曖昧さを風刺したデザインの部屋をつくりあげました。